マタニティライフ

トップ >> 妊娠 >> マタニティライフ >> 妊娠9か月 32〜35週
妊娠9か月32~35週

いよいよ出産予定日が
近くなってきましたね。
おなかは大きく重みがあり、
便秘や息切れ、腰痛など身体に負担があることから、ストレスを感じやすい時期です。

ママと赤ちゃんの体の変化

赤ちゃんはほとんどの器官が完成に近づき、外見も新生児とほとんど変わらなくなります。子宮が狭くなって、頭を下にした姿勢で落ち着いて、外へ出る準備が整いはじめています。

  • DATA
  • 赤ちゃんの身長:約45㎝
    赤ちゃんの体重:約2000g

 赤ちゃんが大きく成長するので、ママの胃を圧迫するようになり、胃がもたれて一度に食べられる食事の量が減ります。また、血液循環量が増えるため、心臓や腎臓、肺への負担が大きくなり、軽い動悸や息切れ、むくみなどの症状を経験するママが多くなります。乳頭や乳輪が大きくなり、色が濃くなる人もいます。ママの身体にも負担になっているので、休憩を取りながら日常生活を過ごしましょう。

塩分やカロリーに気を配ったバランスのいい食事を心がけ、適度に運動を取り入れて、ママの体重が増えすぎないように気を配っていきましょう。
 前駆陣痛は、分娩につながる「本陣痛」とは別もので、痛みの感覚や強弱が安定せず、安静にしていると落ち着くおなかの張りです。規則的におなかが張る場合や、出血や破水がある場合、30分以上安静にしてもおなかの張りがおさまらない場合は、すぐに産婦人科を受診しましょう。

大切なことこの時期に大切にしたいことを考えてみましょう
出産に向けてママになる準備をしましょう

  • 食事は少しずつとる

     大きくなったおなかで胃が圧迫されますから、一度にたくさん食べることができません。少しずつ食べる工夫をしましょう。

  • 気がかりや心配ごとを解消する

     出産について不安なことは、かかりつけ医師に相談して解決しておきましょう。

  • 里帰り出産のママは帰省する

     出産までに何回か里帰り先の病院で健診を受けておくと安心です。帰省は、無理のないスケジュールと交通手段を考えましょう。

  • 呼吸法やマッサージを勉強しておく

     陣痛の痛みをやわらげる呼吸法やマッサージをパパと一緒に練習しておきましょう。

PAGETOP