マタニティライフ

トップ >> 妊娠 >> マタニティライフ >> 妊娠6か月 20〜23週
妊娠6か月20~23週

赤ちゃんの成長とともに
ママのおなかはふっくらしてきます。

ママと赤ちゃんの体の変化

赤ちゃんの体が一段と大きくなって、ママのおなかも大きくなり、下腹部のほとんどを赤ちゃんが占めるようになります。妊婦健診で、子宮底長の計測が行われますが、子宮底長を調べることにより、胎児の発育状況や羊水の量を知ることができます。

  • DATA
  • 赤ちゃんの身長:約30㎝
    赤ちゃんの体重:約600g

 妊娠6か月は、赤ちゃんの体が一段と大きくなる時期で、合わせて子宮も大きくなり、下腹部のほとんどを占めるようになります。6か月頃から、胎児が大きくなるスピードについていくため、子宮の壁は薄く伸び、おなかの皮膚も徐々に薄くなるので、ママは、赤ちゃんの動きをはっきり感じるようになります。

 大きくなった子宮の影響で下半身の血行が悪くなると、足がつったりこむらがえりが起きやすくなるので、ウォーキングなど適度な運動をして血行をよくしましょう。赤ちゃんは、聴力もほぼ完成しており、おなかの外の大きな音やママの声は聞こえています。

大切なことこの時期に大切にしたいことを考えてみましょう
出産に向けてママになる準備をしましょう

  • 食物繊維の多い食品をとる

     大きくなった子宮で腸が圧迫されたり、ホルモンの影響で便秘になりがちです。根菜、海藻類などの食品を食べると便秘予防に効果的です。

  • 胎動をチェックする

     胎動は赤ちゃんが元気な証拠です。出産まで赤ちゃんの胎動の変化を観察しましょう。

  • 妊娠線を予防する

     急激に大きくなったおなかは皮膚が伸びて、ひび割れのような線ができてしまいます。これを妊娠線と呼びます。マッサージやクリームなど早めのケアで緩和されます。

  • 歩きやすい靴を履く

     おなかが大きくなって、体のバランスが崩れ、転倒しやすいので、ヒールの高い靴はやめて、すべりにくい靴に替えましょう。

  • 薄味の食事を心がけましょう

     塩分のとり過ぎは、むくみや高血圧、妊娠中毒症のきっかけになるので注意しましょう。

  • パパママクラスやマザークラスなどに参加する

     妊娠や出産、育児について学べるよい機会です。パパも一緒に積極的に参加しましょう。

PAGETOP